行き遅れBBA。すぺしゃるじー&チンジャオ娘エロ漫画ネタバレ。34歳爆乳女主任は押せばヤれるww

入社した会社には34歳の女主任がいる。

周りの男達は行き遅れBBAだとか無駄におっぱいでかいとかいって近寄ろうとしないが…

まだ34歳で身体はとにかくムチムチでドスケベボディ!!
性欲も持て余してそうでまさにおれからが一番おいしい時期だというのに
手を出さないなんてもったいない・・・!

とはいえなかなか手を出すことができずにモヤモヤ、ムラムラしていた・・・!!

何も出来ない新人の自分に対して手取り足取り優しく教えてくれる上、女性としても自分好みであるが、ある日、久々に友人らと会う機会があり、
`好きな人が出来た…´とその流れで女主任の話をしたら…`昔から年上が好きは知ってたけど、そんな行き遅れBBA(ババア)のどこが良いんだよ!

もう少し、女を見極める眼力を鍛えろよ!´とかなりなじれた。
`他人に人の好みを言われる筋合いはない!´と思ったので気にしていないが、
ある日、行き遅れババアの女主任と2人で呑みに行く機会があり、普段は外で呑む事はないが、好きな女主任と呑みに行けるならこれ以上の喜びはないので心はウキウキしてたまらなかった

1軒目は居酒屋で、その後はしごする予定だったが、案の定、普段、家で呑む以上にお酒が進んでしまったが、行き遅れババアの女主任もお酒進んでしまっている様にも感じた。

その後、共にベロベロに酔っぱらってしまった上、はしごどころか終電にも間に合わなかったので居酒屋から近い自分の家へ行き遅れババアの女主任を連れていく事にした。

家までの道中、仕事の事や生い立ち、学生時代の話等々と夜道2人で盛り上がりながら向かった。
家に着いた途端、行き遅れババアの女主任は汗をかいていたので`シャワーを浴びたいから借りるね´とお風呂場へ行ったが、酔っぱらっていた上、なかなか出て来なかったので`大丈夫ですか?´と言いながらお風呂場のドアを開けた瞬間、素っ裸の女主任に微笑みつつ酔った勢いでおしかけて強引にキスされた。

普段と違う様相だっただけに驚いたが、我に帰り不意を突かれただけにちょっと怒りながら`悪ふざけでキスしないでください!´と言った途端、女主任の表情が唖然とした瞬間、本気のキス返しをし、
行き遅れババアの女主任も乗ってきてディープキスの応酬となり、自分も服を脱ぎ捨て自然体となり、女主任の身体を堪能し始めた。

前戯をしながら頭の中で歴代彼女の事を思い出してしまったが、よくよく考えたら同世代しか付き合った事が無く、
今回、初の年上女性と交わっているが、行き遅れババア女主任の年齢を考えたら、自分自身より1周り上の女性で同世代の女子とは違う魅力を味わったww

次第にお風呂場では身動きがキツいので自分のベッドに場所を変え、再び味わい始めた。
女主任は感度が良く声を聞く度に自分の興奮も押さえられなくなってしまい、フィニッシュを中出しで決めたくなったので思わず、`中に出して良いですか!´と叫んだw

いざ入れようとしたら`やめて、危険日なの…と言われてしまったが、独り占めしたいという独占欲が理性より勝ってしまい、女主任の中に放って一通り終わった。

それにしても、最初は戸惑ってのに
ち〇ぽぶちこんでガンガン打ち付けてた時の行き遅れババアの喘ぎ声がヤバかったww

「あっ…♡ああぁっ♡ん…っ!やぁ、らめぇ…っそこ、っやらぁ…っ!ひっ♡ふぇ、きもち゛ぃのこわい゛ぃッ…!♡♡ぎゅ、ッて♡し゛て゛ッ♡♡」

「んん゛んんっ!!!♡♡♡ひ、あ゛ッ♡♡♡ひッあ゛ああァッ♡♡♡♡あ゛ッ、んああ゛あぁッ!?♡な゛んれ♡♡イ゛ッて゛る゛のに゛ッ♡♡♡」

しばらくの沈黙の後、行為を終えてから後戯を楽しんでいる時に`ありがとう´と言って甘えて来てくれて高揚し、共に疲れてそのまま寝てしまった。

行き遅れババアネタバレ&無料試し読み 酔っ払ったら強引に押せばヤれる行き遅れBBAw

会社の飲み会でどういうわけかいつも以上に盛り上がってしまい、終電を乗り過ごしてしました。
しかも、かなり泥酔していました。新人が酔っぱらっていて、しかもそこから一番近い家は行き遅れババアの女主任の家だったので、主任の家に押し掛けるようにいくことになったようでした。

主任におんぶされていく間、酔っぱらっていたので、主任のおっぱいに触れたり、もんだりしてしまったようでした。
主任の家に着き、介抱されていると、ふと我に返りました。

行き遅れババアの主任は結構薄着をしており、おっぱいが強調されるスタイルでした。

新人は酔っぱらっていたこともあり、強引に主任を押し倒して、おっぱいをしゃぶりながら、本番行為をし始めました。

「あぁぁぁぁ、ダメェ~」新人はスマホで動画を撮影しながら、行為を続けました。

「撮影はダメェ~」職場では行き遅れBBAとも言われていましたが、裸になると、若い娘にも負けないくらいの巨乳とテクニックを兼ね備えているようでもありました。

「いうこと聞かないと、映像ばらまいちゃうぞ~」「いやっ、それだけは本当に…」

「…っ!ああぁっ♡やぁ、らめぇ…っひっ…!!やめ、あ゛ぁっ♡おかし゛く゛な゛る゛ッッ…♡♡ふぇ、きもち゛ぃのこわい゛ぃッ…!♡♡」

「ぎゅ、ッて♡し゛て゛ッ♡♡んん゛んんっ!!!♡♡♡ひ、あ゛ッ♡♡♡ひっ♡♡らめぇええ゛っ♡きっ♡あァ♡き、ち゛ゃうぅ゛う゛ッ!!!!!♡♡♡♡♡」

いやとか何とか言いながらも、行き遅れBBAも自ら腰を振って感じていました。
行き遅れBBAはレイプ風の設定のHが好きだということがこの時よくわかりました。

この夜は1回だけでなく、数回にわたりHし続けました。
2回目以降は行き遅れババアの主任の方から求めてきました。「イクっ、またいっちゃうぅうぅ~」ベッドのシーツや床は主任が吹いた潮で水浸しになっていました。

行き遅れババアネタバレ&無料試し読み 温泉旅館で心ゆくまでハメるww

温泉に泊まった時のことです。お風呂に入り終わり、行き遅れババアの主任の部屋でお酒を飲むことになりました。
とはいえ、出張で来ていたのは、2人だけだったので、サシで飲むことになりました。

新人社員の田中くんと行き遅れババアの主任が酒を飲んだところで盛り上がる話などあるはずもありません。
仕方がないので、主任に話を合わせるだけでつまらない時間が過ぎていきました。

ふと、聞きなれない声が聞こえてきました。「あっ、あっ、ダメェ、いっちゃうぅぅぅ~」「まだ早いだろ~、我慢しろよ~」
旅館の壁が薄いようで、隣の部屋でHしている声が聞こえてきたのでした。

しかし、反応していいかどうか迷いましたが、行き遅れババアの主任も何事もなかったかのような顔をしていたので無視していましたが、意に反して股間は反応してしまいました。

主任が部屋のトイレへ行き、戻ってきました。おしっこにしては何だか時間がかかっているようにも思えました。

行き遅れババアの主任は浴衣姿で、思っていたよりも巨乳でした。主任がトイレから戻ってくると、隣の部屋はクライマックスに差し掛かっていたようでこちらも声を聴くと我慢が出来なくなり、主任に襲い掛かってしまいました。

「ちょっと・・・」「隣の部屋の声聞いて、トイレでオナニーしていたんでしょ~、あそこも生暖かいですし…」
「そんなわけ・・・ダメェ~」オナニーしていたかどうかは定かではありませんでしたが、隣の部屋に負けないくらい主任の喘ぎ声がこだましました。

「はぁーッ…んんん…っ!ひっ…!!あっ…♡ん、ん゛ぅう゛っ!♡こえッ!♡れちゃ、うぅ…っ♡もうやだ……っ!!!♡やら゛あぁッ♡♡♡」

「んぁ、あっ!!♡♡あ゛ああァっ!!!♡♡あ、あ゛ーッッ♡♡し、ぬ゛…ッ♡♡しんじゃ、あああ゛ァッ!!♡♡♡」

隣の部屋にいたカップルがどんな方なのか気になりましたが、結局はわからないままでした。

行き遅れババアネタバレ&無料試し読み 満員電車で爆乳押し付けてくる行き遅れBBAをホテルに連れ込んでハメる!!w

あれは2週間前の出来事。営業先周りに向う途中の満員電車の中で、ドサクサに紛れて自慢の巨乳をグイグイ押し当ててきた34歳BBA。
こんな場所で、しかも俺なんかにそんなアピールしてくるなんて、プライベイトはよっぽど欲求不満なのか??
決してブサイクでは無いのだが、いや、よく見れば結構イケてるのだが、34歳ということで男は敬遠してしまうらしい。

最近女日照りの俺は、これから取引先に行くというのに無性にムラムラ。
案の定取引先ではなんか締まりが悪く、なんとも中途半端なプレゼンになってしまった。このまま直帰するか?と思ったのだが、こうなればやぶれかぶれ。

ちょっとムシャクシャした俺は、思い切って行き遅れババアの主任をホテルに誘ってみた。「え〜、変なことしない〜?」なんて言う行き遅れBBA。
「ホテルに連れ込んで何もしない訳ないだろ」と心の中で突っ込みつつ、連れ込んでやった。

ホテルに入るなり間髪入れずに行き遅れBBAのブラウスを乱暴に脱がし、さっき押し付けられた胸を思いっきり揉みしだいてやった。
34歳でもまだまだ胸は現役。触るとめっちゃ柔らかい。そのままスカートを捲り上げ、ストッキングとパンティの上からクリトリスを刺激。

下着の上からわかるくらい濡れてる。行き遅れBBAはよっぽど欲求不満だったのか、下着の上から触っただけなのにあっという間に全身を痙攣させてイってしまった。

たまらなくなった俺は、そのまま乱暴にアソコをめくり、いきり勃った息子を生挿入してやった。
生挿入というのに、全く拒否しない行き遅れBBA。

「…っ!ひっ…!!あっ…♡やぁ、らめぇ…っもうやだ……っ!!!♡やら゛あぁッ♡♡♡ふぇ、きもち゛ぃのこわい゛ぃッ…!♡♡」

「ぎゅ、ッて♡し゛て゛ッ♡♡あ゛、ぉ…っ!?♡♡やっ…あ゛ァ!!♡♡イ、くッ♡♡♡イッちゃ、あ゛あッ♡♡や゛ッイッ…ッッ♡♡♡♡」

こちらも超久しぶりの生セックスだったので、「このままじゃヤベェ」と思いながらそのまま果ててしまった。

一気に襲ってくる賢者モード。「どうか妊娠してませんように」と願いつつ、今日も一緒に仕事をしている。あの日以来、俺にだけメチャ優しいのが気になる・・・。
まさか「生理来ましたか??」なんて聞けないしなぁ。

行き遅れババアネタバレ&無料試し読み 会社のオフィスでフェラ抜きしてくれる淫乱BBAw

入社した会社には物静かな女主任(34歳)がいるが、会社内では行き遅れBBA(ババア)なんて言う人もいるそうだが、個人的にはそうも思わず、むしろ好みだった。

ある日、会社内を歩いているとその女主任に呼び止められ、`資料の整理をしたいので手伝って´と言われ、そのまま資料室で手伝ったが、時は既に終業時間を過ぎ、
さらに作業も手こずり、何とか終わらせたものの、女主任はいつも間にかいなくなっていて`帰ったんだろう…´と思い、デスクに戻った。

オフィスも自分1人になっており、デスクの整頓をしようと椅子に座った瞬間、デスク下から気配を感じ、見てみると行き遅れババアの女主任か微笑みながら潜んでいて、思わず、`うわっ!´と驚いたが、
すかさず`シーッ!´と注意され、その後、`ねぇ、2人だけの秘密を共有しない?´持ちかけられると`どういう事ですか?´と聞いても、`共有しない?´と一点張りであまりにもしつこかったのでこっちが折れる形で承諾した。

`で、何を共有するんですか?´と聞くと`フェラさせて´と回答し、驚いている隙にズボンのファスナーを下ろしてきて一物を頬張り出した。
その瞬間、`何をするんですか!?´と言ったが、再びすかさず`シーッ!警備員さんが来ちゃうでしょ?´と注意され、行為を受け入れ、
フェラを続けるにつれて我慢汁とよだれが合わさった淫乱な蜜が一物全体を覆い、それによる音も次第に大きなっていくw

射精しそうな時に`どうすればいいですか?´と聞くと´口の中に出して`と言い、昇天を迎え、行き遅れババアの女主任の口の中に白い蜜を放ち果てたw

その後、行き遅れババアの女主任は掃除と同時に口いっぱいに溜まった白い蜜を飲み干し、証拠で微笑みながら舌を出した時、無言でキスをしてしばらく抱きしめた。
これをきっかけに会社内で誰もいない所で軽く愛撫したり、会社帰りや休日はホテルを中心に交わったが、上司部下からセフレとなり、付き合っていくにつれて女主任の性癖がショタ…所謂、ロリの男版と言えば分かりやすいかと思うが、それを知ると会社外ではお姉ちゃんと呼ぶ様にし、2人でいる時は甘えまくった。

そしてある日、行き遅れババアの女主任と2人で営業先周りで通勤時間帯から出掛けざる負えない時、やたら胸を押し当ててきたので小声で`どうしたの?´と聞いてみた。
すると甘えた声で`ほしくなってきた´と答え、すかず`ダメだよ!早く行かないと!´言ったものの、`我慢できない…´とまるでおしっこを我慢している子供みたいな感じで最初に訪ねる営業先の最寄り駅で多機能トイレを探したw

彼女に`体調を崩した人の演技をして´と小声で伝え、多機能トイレを見つけるとそのまま入り、施錠した上で激しくキスをし、ある程度落ち着いたところで手すりがある洋式便器を使いつつ、彼女をちょっと天を仰ぐようにし、リクルートスーツのスカート下から秘部を指で触るとかなり濡れていたww

`我慢していたんだね´と言いながら、キスをしながら秘部を指で愛撫し、それにより秘部の濡れ具合が増していき、彼女が`挿れて´と懇願し、`換えストッキングある?´の確認をたw

`あるから大丈夫だよ´と答えたので行為が営業先にバレない様にシャツは丁寧にボタンを取ってブラジャーはズラして行き遅れババアの爆乳をさらけ出し、またスカートは間繰り上げさせ挿れるためには邪魔になるストッキングは破り捨てたw

「あっ…♡んんん…っ!はぁーッ…やぁ、らめぇ…っそこ、っやらぁ…っ!ひっ♡もぉっ♡ぁッ♡きもち、いのい゛ら゛な゛い゛ぃッッ♡♡♡」

「あ゛、ぉ…っ!?♡♡やっ…あ゛ァ!!♡♡やっ、な、んんん゛っ、なんかァ♡♡く、る゛…ッ♡♡♡くる、きちゃ…ッッ♡♡♡」

パンツを下ろして一物を挿れてピストンしつつ、キスと手による爆乳の愛撫をし、フィニッシュを迎えそうな時、
`危険日だけと全部出して!´とそのまま中に放って果てたが、多機能トイレは長時間いられないので急いで服を着て何もなかった様に営業先へ向かったが、2人は満足感に包まれていたw